忍者ブログ

アントシアニンとuvのカンケイ

12/19

Wed

2018

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/08

Mon

2012

血の流れをよくする二゚∀゚`)チラッ

"それでは、どうすれば良いのか?
慢性のムチ打ち症が疑われたら、そうであってもなくても、一応、治療してみることである。
頚椎のズレがないのに治療したら、何か障害が出るかというと、全く出ないので心配は無用である。
この慢性のムチ打ち症は、交通事故のような激しい瞬間的衝撃を受けたわけではないので、治療方法もそれほど困難ではない。
自己流で治すことができる。
背もたれの高くて硬い椅子を捜して深く腰掛け、後頭部の凹みをその硬い部分に載せて、天井を見ながら、左右にゴロゴロと転がすようにする。
ちょうど、プロレスで「延髄斬り」と称してプロレスラーがけりつける、後頭部の部分、スパイ映画などで諜報員が誰かを失神させるために手刀を打ち下ろす、ちょうどあのあたりの部分を硬い背もたれの頂点に押し付けて、転がしマッサージをするのである。
そうすると、非常に気持ちが良いし、頭がスッキリして、目の疲労も取れてくる。

【体験例】手術を宣告された緑内障が改善③吉田忠治さん、60歳、大阪府
◇改善ポイント
緑内障は、目に栄養を運んでいる房水のめぐりが悪くなり、眼圧が高くなって起きる病気です。
毛様体筋は毛様体動脈を通じて、房水を循環させて角膜や水晶体に栄養を与えます。その一房水は毛様体筋からでて、虹彩(カメラでいえば絞りにあたる部分で、瞳孔といわれているのがここ)の後ろと水晶体の問に流れ、角膜や虹彩の前の部分に流れていき、隅角(角膜と強膜の境にある)から眼球外にでて、静脈に流れていくのです。
『ワイルド誰ブルーベリー100』は、ブルーベリーのアントシアニンの濃度が高く、アントシアニンの生理活性機能の中にある、血管保護機能、循環改善機能、ビタミンP様機能などが、力を発揮した結果ではないでしょうか。だから、房水の循環が回復し、眼圧も正常値にまで低下したものと考えられます。" 無料の視力回復方法★
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright © アントシアニンとuvのカンケイ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]